会員
ログイン

協会概要

協会理念・方針

生涯にわたってスポーツ・レクリエーションを行い、楽しむことは、障害のある人を含むすべての人の権利です。

一般社団法人宮城県障害者スポーツ協会は、宮城県内の障害者スポーツを統括する中核的な組織として、障害者スポーツの普及・振興に努めるとともに、障害者の心身の健康の保持増進と自立,社会参加の促進を図るため、スポーツの奨励・振興に関する事業を行い、もって障害者の福祉の向上に寄与することを目的とし活動します。

また、全ての県民が障害の有無や種別の枠を超え,相互にスポーツを楽しみ交流し合うスポーツ活動の振興を通じながら、活力のある共生社会の実現に貢献します。

代表あいさつ

当会はこの度「一般社団法人 宮城県障害者スポーツ協会」に組織改編し新たな出発を切ることになりました。

「一人でも多くの障害のある方にスポーツの喜びを」「重い障害のある方にもスポーツの場の提供を」のスローガンを下に30余年。 障害のある方々が居住する特徴ある地域で、多くの指導者、仲間、ボランティアのサポートを得ながら日常的、継続的にスポーツを楽しめる環境を作っていくことが、私たちの更なる役割であると考えています。

沿革

  • 1988年10月宮城県障害者スポーツ協会設立総会
  • 1989年1月宮城県身体障害者スキー教室
  • 2月宮城県身体障害者卓球教室
  • 1989年10月宮様チャリティボウリング東北予選大会
  • 第1回ハンディスポーツフェスティバル
  • 1990年4月第1回東北車いすマラソン大会
  • 10月第1回ハンディスポーツフェスティバル 開催
  • 1991年10月第1回東北身体障害者選手権・水泳競技大会
  • 12月´90ドリームカップイン仙台
  • 1992年6月第1回宮城県・仙台市身体障害者スポーツ大会
  • 8月宮城県身体障害者スポーツ指導員養成講習会
  • 9月宮城県身体障害者スポーツ指導委員会発足
  • 11月東北ブロック障害者スポーツ協会連絡協議会設立
  • 障害者スポーツフォーラム´92 開催
  • 1993年6月第1回宮城県・仙台市障害者スポーツ大会
  • 1994年1月東北ブロック障害者スポーツ指導者連絡協設立
  • 5月第1回知的障害者水泳競技大会 開催
  • 10月障害者スポーツフェスティバル 開催
  • 11月第1回東北身体障害者バドミントン大会 開催
  • 1995年6月仙台キワニス社会公益賞 受賞
  • 1996年5月宮城県体育協会 正式加盟
  • 11月第1回宮城県障害者綱引き選手権大会 開催
  • ボランティア感謝の集い 開催
  • 1998年11月設立10周年記念事業 開催
  • 2001年10月全国障害者スポーツ大会 翔く、新世紀みやぎ大会
  • 2002年9月東北身体障害者野球 開催
  • 2008年9月北京パラリンピック研修視察団 派遣
  • 10月設立20周年記念事業 開催
  • 2010年12月キッズ・サポート・プログラム(障害児運動・あそびの広場)開始
  • 2018年10月設立30周年記念式典
  • 2019年4月地域における障害者スポーツ普及活動促進事業
  • 2020年3月法人格取得

組織図

定款

  • 【シンボルマーク】

    みやぎのイニシャル『m』をモチーフに,障がい者と健常者が手をとりあい,未来へ羽ばたく姿をイメージしています。
    スポーツを通じて交流・連携を深め,互いに支え合う障がい者と健常者の共生と障害者スポーツの未来への発展,飛躍を意味しています。

  • 【鳥キャラクター】

    宮城県鳥の『ガン』をモチーフにキャラクター化し,障がいを持つ当事者によって描かれたキャラクターです。
    名前は“がんちゃん”です。よろしくお願いします。

アクセス