今から2年ほど前に、ユニホックを基に考案されました。
対象者は、主に脳血管疾患の片麻痺の方々となります。
競技は、常用の車椅子を使用して行われます。
「足動」というだけあって、健側の足で車椅子を漕いで(床を蹴って)移動します。
進む向きは後ろ向きでも前向きでもかまいません。
とにかく前に進めればOK!
そして、スティックを手に、ボール(プラスティック製の穴あきボール使用)を打って、進みます。
自分でドリブルして進むもよし、相手にパスしながら進むもよし、チームメイトとボールをつないで
幅1m70cm、高さ90cmのゴールを狙います。

コートはバスケットボールコートを使用し、高さ20cm程度のフェンスでコートを囲みます。
ボールを外に出さないように、フェンスを上手に使用してパスとつなぐもこともできます。

試合は、前後半10分で行われ総得点を競います。

意外と運動量が多く、1試合終わると結構汗をかきます。

【写真は、講習会の様子】

県内で行われているまたは、これから行われるであろうスポーツを紹介してます。
足動車椅子ホッケー

パラリンピックの正式種目でもあるこの競技は、子供からお年寄りまで幅広い年齢層に親しまれている
ヨーロッパ生まれの種目です。

競技方法は、最初に投げる白い目標球(ジャックボール)に向かって、赤・青各6球ずつのボールを、
投げたり、転がしたりして近づけます。
ボールは、投げる、転がす、蹴るなどどの方法でもかまいません。また、どの方法も難しい場合、
補助具(ランプス)を使ってボールを転がします。

ゲームの勝敗は、投げられた赤・青のボールのどちらがジャックボールにより近いかで決まります。
さらに相手ボールより何個近いか?で得点を競います。

個人戦、ペア戦、団体戦があり、それぞれのエンド(セット)の総得点で勝敗が決まります。

県内各地にてボッチャ講習会等も開催されています。
ボッチャに関するお問い合わせは、mailにて。協会まで。。

boccia
コートを囲む木製のフェンス
シッティングバレーボールとは。。簡単に言ってしまえば”床に座ってやるバレーボール”である。
10m×6mのコートを、1.15mのネットを挟んでで行うこの種目は、パラリンピック正式種目でもあ
ります。

競技規則や競技方法は、6人制バレーボールとまったく同じ。。。
前後左右に自由に移動してレシーブして、トスをあげ、スパイクを放つ。唯一異なる点といえば、ジャンプができないこと。
常に臀部(肩からおしりまで。。いわゆる上半身)が床から離れてはいけないことぐらいです。。。。(逆にいえば...床に座った
状態でを打つスパイクは打ちやすいし、いろいろと小細工はしやすい...)

飛んでくるボールへの移動は、”足で床を蹴ってお尻をすべらす”方法と、”手で床を押してお尻をすべらす”方法とがある。
どうしても間に合わないときは、"床に寝っころがって手を伸ばす(いわゆるスライディング)"方法もある。(しかし。。。移動の
際も、臀部を床から離してはならない。。。)

国内大会では健常者も一緒にプレーできます。(ただし、1チーム4名まで、男女混合も可)
東日本、西日本大会、日本選手権のほか、8月には長野県白馬村で全国親善交流大会が開催されています。この親善大会
だけは、健常者のみでチームを組んで出場することも認められています。(白馬大会はアット・ホームな感じで、案外面白い。)

中学生レベルのパス・レシーブの基本技術や、ハンドリング、体のこなしを体得するには十分なこの競技...
各校の顧問の先生方...バレーボール経験者の方々...いかがでしょうか?

福島県は、全日本選手権会準優勝の実績もあり、過去には東北からは4名のパラリンピック代表選手を輩出するなど、そのレ
ベルは非常に高い。。。宮城県内でも定期的に障害者総合体育センターで活動しています。。。。
詳しい情報はmailにてお問い合わせ下さい。



「スデッカー」改め「ハンドクル」略して「ハンクル」

宮城県総合体育センターの主任指導員によって考案されつつある種目です。
簡単に言うと、手でボールを蹴って行うサッカーのこと。。。
(いつでもそうなのだが、最も時間を費やすのが、ネーミング。。。ようやく決まったようです。
「フット・サル(去る)」に掛けて「ハンド・クル(来る)」?)

ルールは、これから整備していく。。そうです。

現在決まっていることは、上半身でボールを扱うこと。
‘ひざ立ち‘までが許されていること。
(もちろん移動する際も、ひざ立ちか、転がるか、四つんばいでとなります。)
コートは、バスケットボールコートもしくは、ハンドボールコートを使用すること。
ボールについても、あまり弾まない、当たっても痛くないボールで検討中。
ゴールは、まだサイズも検討中。。。

結局はまだ、何も決定しておらず、これからやってみて一番よいやり方、ルールを模索して行くとのこと。

この件に関するお問い合わせは、宮城県障害者総合体育センター TEL:022-295-6550まで
スデッカー
シッティングバレー